レオパレスの建築事務所が行政処分

レオパレス21

ニュース|2021年04月16日

  • twitter

 レオパレス21(東京都中野区)は、アパートの施工不備問題で、愛知県名古屋市の同社の建築事務所が行政処分を受けたことを6日と9日に発表した。元社員である二級建築士1人も行政処分を受けた。

施工不備で1年間の業務停止

 愛知県は、建築士法第26条の規定に基づき、同事務所に対して1年間の業務停止処分を下した。元社員については2カ月の業務停止を下した。レオパレス21は「一連の施工不備問題にかかわる建築士への処分は会社に対して下された処分として受け止めている。今後はより一層のコンプライアンス体制を強化するとともに、法令を順守し、適切に業務を行っていく」とのコメントを出した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ