一般社団法人日本地盤協会、擁壁保証の販売開始

一般社団法人日本地盤協会

市況|2021年05月13日

  • twitter

 一般社団法人日本地盤協会(東京都台東区)は地盤と擁壁の保証サービス『擁壁まもるくん』の販売を4月1日より開始した。保証内容は、適用する擁壁の崩壊や構造的損傷が認められた場合に修復するもの。

 そもそも擁壁とは、高低差のある土地の側面の土が崩れないようにするために構築される壁状の構造物。

 保証加入には、同協会が認定する擁壁診断士と地盤調査会社による擁壁診断と地盤調査を受け、診査判定合格することで保証書が発行される。

 保証期間は10年間。保証金額は擁壁が損壊などした場合の『対象擁壁保証』は一つの事故に対して最大5000万円まで、擁壁の損壊などにより第三者に損害を与えた場合の『第三者賠償補償』は一つの事故に対し最大3億円までとなっている。満了の10年目以降も擁壁診断を再度行うことで再加入も可能。

 1擁壁の擁壁保証料金は13万2000円、一般地盤保証は5万5000円(いずれも税込み)。その他に、年に1回の擁壁の定期点検の実施と報告書の発行も行う。この定期点検と保証加入のための擁壁診断と地盤調査には別途費用が必要。

 同協会では、2021年度中に月に1000件の受注を計画している。

(5月10日20面に掲載)

おすすめ記事▶『さくら事務所、『災害リスクカルテ』始動』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 自己破産した則武物件の所有者責任はどこ?新たに6棟の不備発覚 危ない建築のポイントを専門家が解説

    則武地所, さくら事務所

  2. 『かぼちゃの馬車』事件の被害者団体結成

  3. 賃貸関連大手6社の前期決算まとめ

    レオパレス21, スターツコーポレーション, 大東建託, 大和ハウス工業, 積水ハウス, 旭化成ホームズ

  4. 利用広がる賃貸管理システム①

    日本情報クリエイト, クザワ富山, ビジュアルリサーチ, ダンゴネット, 3Films(スリーフィルムス), アセットコミュニケーションズ

  5. ジェクトワン、空き家所有者への調査や啓発活動推進

    ジェクトワン

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ