クランピーリアルエステート、事故物件に関する調査結果を発表

クランピーリアルエステート

統計データ|2021年05月20日

  • twitter

 不動産売買や相続コンサルティングなどを手掛けるクランピーリアルエステート(東京都中央区)は、運営する不動産売買情報のウェブメディア『iekon(イエコン)』で『事故物件の賃貸物件に関するアンケート調査』を実施し、結果を4月に発表した。

「事故内容によっては気にしない」が1位

 「条件がよくて住みたい物件が事故物件だったら、どうしますか?」では、1位は「事故の内容で判断」で190人の回答数を獲得。2位の「住みたくない」94人の倍以上となった。

 具体的には「老人の孤独死なら気にならない」「病死なら契約する」「殺人でなければ気にならない」など、条件が良くて気に入った物件で事件性がなければ前向きに検討する回答が得られた。

 次に「事故物件でもどんな好条件であれば許容できますか?」では、「家賃の安さ」を挙げる人が228人で1位だった。

事故物件でもどんな好条件であれば許容できますか?回答結果

 他に「自分の隣の部屋がいきなり事故物件になってしまったらどうしますか?」では、1位「家賃を下げてもらう」41.3%、2位は「気にせず住み続ける」が29.7%、3位が「引っ越す」で20%だった。

 また「もし友人が事故物件に住んでいたらどうしますか?」では、41.7%が「全く気にしない」と回答している。

 自由記入で「事故物件よりも嫌な物件」について聞いたところ「隣人に嫌がらせや迷惑行為をする人が住んでいる」「夜中でも声が響いてくる」「うわさ好きの住人がいる」など、事故物件よりも近隣トラブルが怖いという意見が多数あった。

 相対的に事故の内容や家賃によっては、気にせず住みたいと考える人が意外と多いことが分かる結果となった。

 同調査は3月24~29日にインターネットで行い、賃貸物件を探したことがある人を対象に300人の男女から回答を得た。

(5月17日22面に掲載)

おすすめ記事▶『GoodService、早急な原状回復を重視』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ