入居者からのクレーム、オーナーや管理会社の対応術 前編

企業|2021年07月25日

  • twitter

 「上に住む人の音がうるさい」「ごみ置き場が汚すぎる」「設備が壊れたどうにかしてくれ」。賃貸住宅を運営する上で対応に苦慮するのが入居者からのクレームだ。「騒音」や「共用部ルール違反」などのシーン別にクレームの対応の事例紹介していく。

わび状送り周りの入居者もフォロー

【騒音問題】

マナー直さず3週間で契約解除

 コロナ下で増えたのが騒音に関するクレームだ。賃貸住宅においてもテレワークなどで家にいる時間が長くなり、管理会社や家主への連絡が増えているという声があがる。

 騒音元の問題もあれば過敏なクレーマー側に原因があることもあるので対応には注意したい。

 「とんでもない入居者を入れてしまった」。富山県内に賃貸住宅88戸を所有する多喜裕介オーナー(富山市)はそう振り返る。2020年5月に契約した2戸の入居者が、日ごろから駐車場や部屋で大声を出し、揚げ句の果てに爆竹や花火で騒ぎ立てたため、契約を解除する結果となった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ