ライフサイクル費削減でストック重視へ

【連載】CPM®がもたらす高い職業倫理とプロフェッショナルスキル 第74回

企業|2021年10月02日

  • twitter

泉区のビル:改修前

日本は「住」にかかるコスト比率が高い

 日本は海外に比べ、衣食住の「住」のコスト比率が高い。日本は地震大国であり、建築基準が厳しく高コストだ。またスクラップ&ビルドが経済を支えてきた部分もあり、使えるものを壊し、処分し、新しく造る、といった高コスト構造になっている。メンテナンスでも、国の指針を守り、まだ傷んでいないのに大規模修繕工事を行うなど、過剰なコストがかかる仕組みだ。

 それに対し欧米では、古いものにも価値を見いだし、ストック重視で長持ちさせていく文化だ。「住」のコストを下げ、その分、人生を豊かにするためにお金を使う傾向である。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『戦略を支える学び続ける姿勢』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ