供養のカタチ、遺骨の供養を訪問で相談受付

供養のカタチ

その他|2022年01月24日

  • twitter

 供養に関するコーディネートを行う供養のカタチ(大阪市)では、霊園や石材店、散骨についてなど、供養に関わる事業者と顧客との間に立ち、相談を受け付けている。供養業界の知識や相場観が乏しい利用者が多い中、中立的な立場でアドバイスを行えるので利用者から好評を得ている。

プライバシー保護とトラブル防止に寄与

 葬儀後に遺骨の供養や埋葬が必要となった際、石材店で相談することが一般的。だが、相場を知らない顧客は割高で購入させられることもあり、「お墓に関するトラブルは葬儀のトラブルの約2倍といわれている」と石原千晶代表は話す。供養のカタチが仲介することで、相場に沿った契約が可能になる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『地代の多寡で使用賃貸扱いの可能性も』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ