賃貸の空室で麻薬受け取り

東京税関

事件|2022年04月12日

  • twitter

3月29日に東京税関本関で開かれた記者会見の様子

 東京税関は3月29日、賃貸住宅の空室を受け取り場所とし麻薬の密輸入を行った中国籍の犯則嫌疑者2人を、関税法違反で東京地方検察庁へ告発したと発表した。昨今、アパートやマンションの空室を悪用し麻薬を密輸入する手口が続き、東京税関は警戒を強めていた。

中国籍の2人を関税法違反で告発

 本事案は、犯則嫌疑者2人が共謀し、麻薬であるケタミンの日本国内への輸入を計画、また輸入したもの。輸入計画は2度にわたる。このうち1件は東京税関職員による検査で発見され、輸入に至らなかったが、どちらも受け取り先住所が埼玉県の賃貸住宅に指定されていた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不正薬物受取に空室悪用』

検索

アクセスランキング

  1. 【賃貸市場エリア別分析】~岩手県盛岡市編~

    アート不動産,熊谷興産,アパートセンター

  2. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  3. パナソニックAWエンジニアリング、ユニットバスに壁柄追加

    パナソニックAWエンジニアリング,パナソニック

  4. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ