学生情報センター、専有部広めに設計し反響

学生情報センター

商品|2023年04月24日

  • twitter

スターシップ南茨木Ⅰの食堂。窓からは中庭が見える

 学生向け賃貸住宅の企画・運営を行う学生情報センター(京都市)は、通常の学生マンションよりも専有部を広めに設計した企画が奏功。該当物件が、当初の計画よりも2倍のスピードで成約する好調ぶりだ。大型物件だが、半年で約60%の入居が決まった。

想定の倍のスピードで成約

 同物件は学生向けマンション「STARSHIP(スターシップ)南茨木Ⅰ」。阪急電鉄京都線南茨木駅から徒歩5分の場所に位置している。2023年3月に竣工した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『学生情報センター、学生賃貸に信金職員寮を併設』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ