コーシンホーム、不動産小口化商品が完売

コーシンホーム

商品|2023年05月29日

  • twitter

第7号のファンド「金岡町貸家」のパース

 大阪府を中心に新築戸建ての売買や収益不動産の管理事業を手がけるコーシンホーム(大阪府堺市)は、5月16日に不動産小口化商品「みんなでシェアファンド」第7号の出資者募集を開始し、約2分で完売した。みんなでシェアファンドは不動産特定共同事業法(以下、不特法)に基づく事業で、2022年10月から展開している。

大阪府の木造戸建てが対象

 第7号の対象物件は、大阪府堺市にある築56年の戸建て住宅で、南海電気鉄道高野線白鷺駅から徒歩6分の場所にある。木造2階建ての3LDKの物件だ。不動産小口化商品は匿名組合型で、一口10万円から購入することができる。優先劣後方式を採用しており、80%が優先出資だ。募集額は720万円で、販売口数は72口となる。想定利回りは年間7.5%で、9カ月間の運用を想定する。同社は不特法に基づく電子取引業の許可を取得している。第7号はクラウドファンディング形式のため、出資者はオンライン上で出資することが可能だ。

 これまで取り扱ってきた小口化商品は、戸建てや集合住宅、貸土地を対象にしてきた。第6号までの想定利回りは平均6.25%。毎月配当があり、賃料収入を配当原資とするインカムゲイン型だ。出資者層は40〜50代が中心。少額からできる不動産投資で資産運用をするために購入するケースが多い。

 今後は、新築物件を対象とする小口化商品の販売を控えている。4月に大阪府富田林市で156区画の戸建ての新築用地の分譲販売を開始した。同社で手がける一部の新築戸建てを小口化商品として運用する計画だ。

(2023年5月29日4面に掲載)

おすすめ記事▶『TRIAD、京都のホテルを小口化』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ