トリニティー、空き家用見守りカメラ展開

トリニティー

商品|2023年08月23日

  • twitter

設置場所は室内外共に適した場所を提案する

 防犯カメラの販売・施工を行うトリニティー(愛知県名古屋市)は、SIM(シム)カードを搭載した見守り防犯カメラのレンタルサービスを2020年から行っている。インターネット環境のない空き家でも、見守り用の防犯カメラを設置することができる。

ネット環境なしでも導入可能

 通常の住宅向け防犯カメラは、玄関など屋外に設置するが、空き家向けの見守り防犯カメラは室内にも設置する。空き家の場合、トラブルの発生源が室内外に存在するからだ。平均4台の防犯カメラを、室内外に設置。設置場所は同社が顧客からヒアリングした内容を基に、適した場所を提案する。

 空き家に電源があれば、月額6300円(税別)から導入可能としている。月額利用料金に設置費用も含まれる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『トリニティー、防犯カメラ、レンタルで提供』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ