日本中央住販、奈良の建築大手 賃貸商品発表

日本中央住販

商品|2023年11月26日

  • twitter

プレミアムウッドレジデンス完成イメージパース

 奈良県内を中心に新築戸建て分譲事業を展開する日本中央住販(奈良市)は10月24日、同社初となる賃貸住宅商品「プレミアムウッドレジデンス」の展開を発表した。主力事業である、分譲住宅の建築技術を生かした賃貸住宅商品を提供していく。

HD化機に収益の新たな柱へ

 それに先立つ10月1日には、ホールディングス(HD)化を発表。100年続く企業を目指し、収益不動産商品事業を新たな売り上げの柱に据える。

 プレミアムウッドレジンデンスは、木造3階建てで1棟あたり9~30戸を想定する。土地と完成した建物をセットで提供するランドセット販売と、オーナーが所有する土地に物件を建築する2通りを用意している。販売価格は検討中だが、ランドセット販売の場合で2億~3億円を目安とする。どちらも同社の提携会社がリーシングを行い、満室の状態で引き渡す。建築後の管理は日本中央住販が担う。

 販売対象は個人投資家をメインとする。奈良県内を中心に、特に賃貸住宅の需要が高い近畿日本鉄道沿線を中心に展開する予定だ。

 投資事業部の船越道程マネージャーは「賃貸住宅の入居者の中から当社物件のファンをつくることで、実需用住宅の購入にもつなげたい」と語る。

 会社全体の売り上げ100億円の到達を目標に、収益不動産商品事業で初年度7億円、2025年度で20億円の売り上げを目指す。販売棟数は、ランドセットを含み初年度で4棟、25年度に12棟を計画する。

(2023年11月27日2面に掲載)

おすすめ記事▶『日本中央住販、「健康経営優良法人」に認定』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ