不動産小口化商品の研究③ TATERUが切り拓いた可能性

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第20回

投資|2021年12月04日

  • twitter

 前回解説した住友不動産(東京都新宿区)の『SURF(以下、サーフ)』終了の引き金となったマイナス金利政策が導入された2016年、投資用アパートの開発・運営を行うインベスターズクラウド(現TATERU:タテル、東京都渋谷区)は、不動産特定共同事業法(不特法)に基づく『タテルファンディング』の販売を開始しました。第1号ファンドは募集開始から約20分で募集総額4480万円を完売。その後も『タテルファンディング』は人気を集め、新規募集を停止するまでの約2年間で累計47のファンドを組成・販売し、出資総額は38億円を超え、会員数は8万人を突破しました。

コンプライアンスが経営の根幹

 『タテルファンディング』が人気を集めた理由は、①インターネット募集、②少額投資、③短期間で高利回りの3点であったと考えられます。以下、『サーフ』との比較の観点からこれらの特徴を解説します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産小口化商品の研究② 住友不動産『サーフ』が姿を消した理由』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  3. 「賃貸住宅フェア2022 SDGsアワード」一次審査の通過企業を発表!!

    賃貸住宅フェア

  4. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ