ステイジアキャピタルジャパン、米国バッファローの投資物件を仲介、表面利回りは15%

ステイジアキャピタルジャパン

企業|2021年08月07日

  • twitter

玄関が二つあり、2世帯の家族が住むことが可能

 海外不動産投資事業を手がけるステイジアキャピタルジャパン(東京都千代田区)は、アメリカ・ニューヨーク州の第二の都市といわれるバッファローを中心に賃貸住宅の売買仲介に注力し、6月末の時点で180戸以上の売買実績がある。

 同社では、2019年からバッファローに立つ800万~1500万円の既築戸建て賃貸住宅をメーンに、日本人投資家への売買仲介を行っている。表面利回りは15%前後、実質利回りが9%以上、仲介手数料は取引価格の5~6%としている。アメリカでは00年以降に建築された築浅住宅は全体の約2.7%であり、長期的な賃貸需要を見込むことができる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

  4. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  5. アパマン爆発事故、和解成立

    アパマンショップリーシング北海道, 北海道合同法律事務所

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ