九州豪雨「2階部まで浸水」

ニュース|2020年07月13日

  • twitter

床上浸水した駅前不動産の大牟田銀水店(提供=駅前不動産)

 九州全域を襲った記録的な大雨の被害は、周辺の賃貸物件や仲介店舗、オーナー宅に及んでいる。

オーナーの現状把握も困難

 被害の大きかった熊本県八代市や人吉市を中心に約1700戸を管理するトヨオカ地建(熊本県八代市)は、人吉市内の物件1棟10戸が、2階部まで浸水した。高さにして3mほどだが、近隣を流れる川の氾濫により、4日未明から朝にかけて水位が上昇した。入居者は全員避難し、人災は免れたものの、物件の受け入れ先確保が困難になっている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ