【2022新春特別寄稿②】事故物件ガイドライン ポイントと注意点

ことぶき法律事務所

法律・制度|2022年01月06日

  • twitter

宅建業者の調査義務範囲を明確化

ガイドライン制定の背景

 不動産において過去に人の死が発生した場合、売主・貸主・媒介会社は、事案の内容・時間の経過・社会的影響等に応じて、買主・借主に対して心理的瑕疵(かし)として告知する必要があります。

 しかし、告知義務の対象となるかどうかの基準は必ずしも明確でなく、宅地建物取引業者によっては、人の死に関する事案のすべてを告知しているケースもあり、負担が過大であるという指摘がありました。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ