省エネ性能ラベル表示、開始

国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

法律・制度改正|2024年04月05日

  • twitter

 4月から住宅性能表示制度がスタートし、1日以降に建築確認を申請した賃貸住宅においては、入居募集時に所定の「省エネ性能ラベル」を表示することがオーナーやサブリース会社の努力義務となった。不動産ポータルサイト(以下、ポータル)大手はシステム改修を進め、大手管理会社も制度対応の体制を整えつつある。

大手ポータル改修急ぐ

貸主に努力義務

 4月から、建築物の住宅性能表示制度が始動した。対象となるのは、2024年4月1日以降に建築確認申請を行う新築の建築物。24年4月以降に賃貸される新築建築物に対し、所定の省エネ性能ラベルの表示を行うことを、オーナー・サブリース会社を含めた貸主の努力義務とした。対象物件の再募集時にも同ラベルの表示が求められる。

 省エネ性能ラベルには、エネルギー消費性能・断熱性能・目安光熱費などを記載する。(図1参照)

 同ラベルが、部屋探しを行う顧客まで届くようにするためには、努力義務を課せられたオーナーやサブリース会社だけでなく、管理会社や仲介会社の協力が不可欠だ。貸主から同ラベルのデータを受け取り、ポータルや自社サイト、物件の募集図面などに表示させる必要がある。省エネ性能ラベルが表示されていないと、国土交通大臣が勧告・公表・命令の措置を講じる場合がある。

 省エネ性能ラベル発行に必要な自己評価の正式プログラムは、住宅については3月4日から、非住宅については3月18日から公開された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『省エネ性能表示、努力義務へ』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ