不動産小口化商品の研究⑥ 相続対策ファンド『ADVANTAGE CLUB』

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第23回

投資|2021年07月25日

  • twitter

 2015年の税制改正による相続税の増税を機に、相続対策に効果のある不動産ファンドが富裕層の間で人気を集めています。

10億円超の物件を扱い、差別化図る

 わが国の代表的な相続対策ファンドとして、青山財産ネットワークス(東京都港区)が提供する『ADVANTAGE CLUB(アドバンテージクラブ)』が挙げられます。

任意組合型ファンド

 『ADVANTAGECLUB』は、不動産特定共同事業法に基づき民法上の組合契約(任意組合契約)を使って組成された任意組合型ファンドです(図表1) 任意組合型ファンドの出資持ち分の相続財産評価額は、投資対象である不動産の評価額(宅地は原則として路線価、建物は原則として固定資産税評価額)に基づき評価するのが一般的とされます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ