大城、断熱改修で室温3℃アップ

大城

リフォーム・リノベ|2020年02月20日

  • twitter

【After】1室は飽きのこない、シンプルなインテリアに、【Before】寒いうえに窮屈さを感じる部屋だった

 『リノベっが』ブランドでリノベーション事業を展開する大城(鹿児島市)は、地元のガス会社と連携して、賃貸マンションをエコリノベーションするプロジェクトに取り組んだ。断熱材の施工や窓の性能を高めて快適性を大幅に向上させ、空室率の改善につなげている。

家賃も上がって見学会中に成約

 物件は、鹿児島市電唐湊線「加治屋町」駅徒歩4分の『ルクール西千石』。鹿児島市内の中心部まで歩いて10分ほどの位置にあり、立地条件は良い。一方、築38年のRC造5階建てで無断熱、エレベーターなし、間取りは2DKで浴室はタイル張りと、住み心地や使い勝手の悪い物件だった。

 近年、部屋の寒さが退去理由の上位にあがるようになっている。今回のプロジェクトは、断熱改修によって快適な環境をつくることで、長期入居を促進するのが狙いだ。大城仁社長は「賃貸でも新築の戸建てのような、圧倒的な快適性」を目指したと話す。

 改修したのは、空室が続いていた5階の2室。スケルトン状態まで解体し、天井と壁、床に断熱材を施工した。現行の省エネ基準では室温が不十分と判断し、HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)が定めた最高の基準・G2グレード相当の断熱性を確保した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ