ADインベストメント・マネジメント、フルリノベで競争力維持

ADインベストメント・マネジメント

企業|2020年02月11日

  • twitter

ADインベストメント・マネジメント(東京都千代田区) 高野剛社長(56)

 住宅系REIT「アドバンス・レジデンス投資法人」の運営会社・ADインベストメント・マネジメント(東京都千代田区)は1月30日、本社内で記者交流会を開き、高野剛社長が今後の運用方針を語った。

買い増しは消極傾向

 同REITは首都圏の賃貸マンションに特化しており、住宅系では最大規模の約4500億円相当の不動産資産(取得価格ベース)を持つ。そのうち40%が都心主要7区に構える賃貸マンションで、年収の高い単身者やDINKSが居住しているという。

 高野社長が、今後のREIT運営で注力したい2つのポイントを話した。それが「フルリノベーションの実施」と「伊藤忠グループの開発案件に限った賃貸マンションの買い増し」だ。

 高野社長は「競争力を維持するためにはフルリノベーションが必要」との考えを示し、集中的に進めていく。

 なぜなら同REITが持つ賃貸マンションの89%が築10~15年超と大半で老朽化が進行している。外観工事を施した後、退去が発生した部屋から、戸あたり300万~400万円かけて、水回り設備などすべて交換するようにしている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ