イタンジ、手書き書類をAIでデジタル化

イタンジ

商品・サービス|2020年09月03日

  • twitter

手打ちでの手書き書類の転記が不要になる

 不動産取引に関するシステムの開発・販売を行うイタンジ(東京都港区)は、手書き書類を読み取って自動でデジタルデータ化するサービス『OCRくん with AI inside』の提供を24日に開始した。

管理業務の効率化を図る

 『OCRくん with AI inside』は、原状回復の見積書・請求書や来店者アンケートといった手書きの書類や身分証のコピーなど、不動産の管理を行う際に発生するさまざまな紙の資料をAIを使って自動でデジタルデータ化するというもの。データはCSファイルで出力される。基幹システムへのデータ入力など、従来はスタッフがパソコンを使って手打ちで行っていた作業をAIに任せることで業務の効率化を図られる。AI inside(エーアイ インサイド:東京都渋谷区)の文字認識AIを活用しており、読み取り精度は96%以上となっている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ