Casa、テナント用家賃保証の新商品

Casa(カーサ)

商品・サービス|2020年07月30日

  • twitter

 家賃債務保証事業などを行うCasa(カーサ:東京都新宿区)は、損害保険大手の損害保険ジャパン(同)と共同で、店舗やオフィスのテナント向けに家賃債務保証サービスの共同開発を始めることを7月16日に明らかにした。コロナ禍によるオーナーのテナント収入減少をカバーする狙いだ。

損害保険ジャパンと共同開発

 今後、緊急事態宣言に伴う休業要請が発令された業種のテナントが実際に休業した場合に、オーナーの賃料払い戻しによる損失をカバーする、新しい家賃保証サービスの開発を進める。金額は休業期間の家賃の50%、3カ月程度を想定している。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ