プロフィッツ、ペット共生型物件のファンド

アニコムパフェ,アニコムホールディングス,プロフィッツ

管理・仲介業|2023年07月17日

  • twitter

「FLUFFY落合南長崎」の居室内。壁にはマグネット脱着式のキャットウオークを備え付けた

 不動産アセットマネジメント事業を行うプロフィッツ(東京都千代田区)は、ペット共生型賃貸住宅を対象とする不動産ファンドの運営に注力している。ファンドに組み込むペット共生型賃貸住宅のシリーズ名は「FLUFFY(フラッフィー)」で、2023年6月末時点で4棟73戸が稼働中だ。

健康相談対応で飼育者に訴求

 同社では、コンセプト型の賃貸住宅を対象とする私募ファンド「Japan New Lifestyle Residential FundⅠ(ジャパンニューライフスタイルレジデンシャルファンドワン」を22年8月に組成。FLUFFYシリーズの全4棟で形成されており、機関投資家から資金を募り、物件の運営を行っている。組成規模は約40億円だ。

 FLUFFYシリーズは、同社組成ファンドとして新築マンションを購入。ペット共生型賃貸住宅にリノベーションを行った後に、入居者を募集し、運営にあたる。東京23区内かつ、駅から徒歩10分圏内の立地にあるRC造の物件が対象で、1棟あたりの平均規模は20戸程度だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『テルミ、新築コンセプト物件に注力』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ