ドローン点検、活用進む【クローズアップ】

一誠商事,スマイルサポート,トップ不動産開発,デイグラン

商品|2023年10月20日

  • twitter

8階のエレベーター外壁タイルが割れている様子(提供=デイグラン)

 ドローンを活用し建物点検を行う不動産会社を取材。管理物件の建物管理の質向上だけでなく、売買の場で屋根の状態を見せることで差別化につながる。工事提案資料の質が向上し、オーナーから好感触という声も多い。

8階外タイルの崩落を防止

動画中継も可能

 ドローンによる建物点検を、売買仲介や買い取り査定で差別化する不動産会社がある。

 トップ不動産開発(山形市)は2017年からドローンによる建物調査を手がけている。同社は分譲住宅の売買や賃貸管理・仲介などを行う。池野広社長は「足場を組まずに屋根の状態を確認できることが一番大きなメリット」と話す。

 これまでに約300件、ドローンによる建物調査を行ってきた。このうち、約250件が中古物件の売却・買い取り査定時の物件調査、残りの約50件が建物点検だ。他社から点検を受託しドローン調査を行うこともあり、山形市内であれば1物件3万円程度で請け負う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ジモティーで入居者獲得【クローズアップ】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ