DXYZ、顔認証 導入予定含め約120棟

DXYZ(ディクシーズ),日本橋鑑定総合事務所,三菱地所レジデンス

商品|2023年11月23日

  • twitter

ごみ置き場の解錠などでも利用できるFreeiD

 顔認証プラットフォーム事業を行うDXYZ(ディクシーズ:東京都新宿区)が提供する顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」の導入済みの物件が、10月末時点で49棟となった。新築の賃貸や分譲マンションを中心に引き合いが増加しており、導入予定を含めると約120棟となる。

不動産価値の向上にも

 FreeiDは、専用アプリで顔情報を登録することで、物理鍵を使わずにエントランスから宅配ボックス、エレベーター、住戸までの解錠を可能にする。オフィスをはじめ保育園、テーマパーク、ゴルフ場など、自宅以外の場所でも、顔情報を読み取る端末を設置すれば、顔情報を連携し、解錠や本人確認などを行うことができる。2024年からは、顔認証を通じた決済サービスの提供を予定している。

 導入理由の多くは、入居者の利便性が向上することによる、賃料の上昇や物件の価値向上が見込めるからだ。不動産鑑定を行う日本橋鑑定総合事務所(東京都中央区)の三原一洋社長は「顔認証システムがある物件の賃料を周辺相場と比較すると、平均して3~5%ほど高い賃料で成約しているデータが複数ある。不動産鑑定の観点からも、顔認証が普及していない段階で先行して導入することで、物件の資産価値が向上する傾向にあるといえる」と語る。

 直近では、同年1月竣工予定の三菱地所レジデンス(東京都千代田区)が手がける賃貸マンション「ザ・パークハビオ新栄」におけるFreeiDの導入が決まっている。

(2023年11月20日8面に掲載)

おすすめ記事▶『DXYZ、宅配ボックスに顔認証機能』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ