情報の非対称性、解消に有効

【連載】2分で分かる!テックトレンド 第5回

管理・仲介業|2024年06月27日

  • twitter

 前回は、ブロックチェーンの特性について解説しました。ブロックチェーンを利用すると公開したデータの改ざんが難しくなり、検知・検証が容易であることから、データを多数の組織や個人が公正に共有する「分散型データベース」として構築できるようになります。

 今回は、分散型データベースと、それを不動産業界でどのように活用するかについて解説したいと思います。

分散型に見る特徴 参加者全体で管理

 まず、データベースとは、在庫情報など大量のデータを整理して管理するシステムです。

 分散型データベースとは、データがネットワーク内の多くの異なる場所に分散して保存され、多数の者(参加者)がそこへアクセスできるというデジタルデータベースです。一見わかりにくいかもしれませんが、通常のデータベースと比較することで理解が深まります。

 例えば、銀行のデータベースは銀行がすべてのデータを管理しています。預金者は自分の口座に変更(お金の引き出しや送金)を加えるわけですが、データは「中央集権型データベース」に集中しています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『情報格差の解消に期待』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ