地価公示法と不動産鑑定評価基準【宅建試験解説】

【連載】2020年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2022年01月11日

  • twitter

Q.公示価格は何のためにあるの?

A.土地収用の取得費や一般の取引の目安のためです。

どうやって地価公示を行うの?

 まず、土地鑑定委員会が、公示区域内の土地で、自然的および社会的条件から見て類似の利用価値を有すると認められている地域において、土地の利用状況、環境等が通常と認められる一団の土地に標準地を選定します。選定時に借地権などの利用制限があってもかまいません。

 次に、毎年1回、2人以上の不動産鑑定士が基準日(1月1日)の価格を鑑定評価します。土地上に建物等の定着物がある場合、地上権等の権利が付着している場合は、これらの定着物や権利がないものとして価格を算定します。なお、不動産鑑定士は、①近傍類地の取引価格から算定される推定の価格、②近傍類地の地代等から算定される推定の価格、③同等の効用を有する土地の造成に要する推定の費用の額を勘案して鑑定評価しなければなりません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ