コロナ沈静で都心賃料アップか?物価価格の上昇続く

アセットビルド

統計データ|2022年01月21日

  • twitter

アセットビルド 東京都千代田区 猪俣淳社長(60)

 2022年の不動産マーケット市況を大予想する新年特別企画の第2弾。不動産投資のサポートやコンサルティング事業を行うアセットビルド(東京都千代田区)の猪俣淳社長は「ウッドショックや人件費上昇で建築費も高く、都心部では供給が抑えられ、価格上昇は続くだろう」と話す。

不動産コンサルのアセットビルド猪俣社長が語る2022年不動産ビジネス

資産力によって投資先が二極化

 不動産コンサルティングを行うアセットビルドの猪俣淳社長は、2022年の賃貸住宅マーケットについて「新型コロナウイルスの沈静化やリベンジ消費で景況感が高まると期待利回りが下がる。自己資金を入れられる資産家にとっては競合が減り、物件を買いやすい状況になる」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『166棟のオーナーらに建物点検指導、2、3階建てで点検費用10万円目安』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ