カラーズバリュートウキョウ、10年間の空き家をリノベし相場1.8万高で成約

カラーズバリュートウキョウ

リフォーム・リノベ|2022年06月24日

  • twitter

改修後のキッチンまわり

 空き家の再生を手がけるカラーズバリュートウキョウ(東京都渋谷区)は、築48年の2階建て木造戸建てをリノベーション。改修費用は約460万円。

相場の1万8000円高で成約

 約10年間空き家だったが、施工終了から1カ月以内に3件の申し込みが入った。

 周辺の家賃相場が6万5000円ほどのところ、ペット1匹分の賃料上乗せを含め、8万3000円に設定した金額で入居が決まった。

 同物件は、埼玉県春日部市にある東武鉄道伊勢崎線の一ノ割駅から徒歩13分に立地する。

 住戸の広さは74㎡で、間取りを4DKから3LDKに変更。1階のキッチンと和室をつなげ、リビングに目が届くカウンターキッチンのある広々とした14畳のLDKとした。

改修前のキッチンの写真

改修前のキッチン

 生活動線から間取りを考え、使い勝手を向上させた。

 また、水回りの設備を一新。床には補修が比較的簡単にできるクッションフロアを採用した。

 入居者のターゲットは都内からの移住者や都内勤務者で、子育て世帯を想定した。

 近隣にペット飼育可の賃貸物件が少ないため、ペット飼育者からの需要も見込んだ。

カラーズバリュートウキョウが改修した物件のバルコニーの写真

明るく、屋根付きで使いやすいバルコニー

 実際に入居したのは、近隣のアパートにペットと共に住んでいた夫婦だ。

 ペット可の戸建て賃貸を探しており、数件見て比較した結果、設備が良く内装がきれいな同物件を気に入ったことが決め手だったという。

 同社の永田将太郎取締役は「子育て世帯を中心に、比較的広い戸建てに住みたいという声が多い。空き家再生を通してそのような需要に応えていきたい」と話した。

(2022年6月27日17面に掲載)

おすすめ記事▶『和工房、空き家再生のシェアハウス始動』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ