アクセルラボ、戸建て賃貸でIoT機器を標準搭載

アクセルラボ

その他|2021年10月26日

  • twitter

SpaceCoreを導入予定の戸建て賃貸住宅Kolet

 住宅向けIoT機器やアプリの開発を行うアクセルラボ(東京都渋谷区)は8月、不動産運用大手のケネディクス(東京都千代田区)の提供する戸建て賃貸住宅「Kolet(コレット)」にアクセルラボの開発したスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペースコア)」が標準採用されることを発表した。

5~7種類のデバイスをアプリで操作可能

 IoTデバイスの導入により、スマートホーム化することで新たな物件価値を創造することが目的である。アクセルラボはただ機器を提供するだけでなく、プラットフォーマーとしてさまざまなメーカーの住宅設備との連携実績があることが導入の決め手の一つとなった。直近では、大阪ガスの給湯器との連携も発表している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アクセルラボ、ドア開閉センサーと連携』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ