阪急阪神不動産、全開発物件のZEH化計画

阪急阪神不動産

ニュース|2022年10月28日

  • twitter

 阪急阪神不動産(大阪市)は、2024年以降に販売、入居者募集をするすべての同社開発マンションをZEH-M Oriented(ゼッチマンションオリエンテッド)仕様にしていくと10月11日、発表した。賃貸マンションの1棟目として、神奈川県横浜市の案件が進んでいる。

賃貸では年8棟超目標

 24年以降の入居募集を目指し、開発を予定しているZEH-M Orientedの賃貸住宅は「(仮称)横浜市西区岡野1丁目計画」。同社がこれまで手がけてきた賃貸住宅シリーズ「ジオエント」のうちの一物件として開発する。

 建物外皮の躯体部分に断熱材を組み込み、室内温度の保温性を確保するなど、エネルギー消費量を抑える仕様にしていくという。これまでも断熱材を使用した賃貸住宅は開発してきたが、より保温性を高めるため断熱材の厚みを増やす。

 施工費は、従来より1%ほど上昇する見込みだ。年間8~10棟程度の開発を目標としている。

 首都圏マンション事業部の関口浩副部長は「提供する物件をすべてZEH-M Oriented仕様にすることは、業界内でもインパクトを与えられる取り組みではないか。いち早く取り組むことで、リーディングカンパニーとしての地位を確立していきたい」とコメントした。

(2022年11月7日1面に掲載)

おすすめ記事▶『大和ハウス工業、ZEH仕様の賃貸住宅新商品を発売』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ