契約の進行、ウェブで確認可 仲介会社の手間削減

【連載】デジタル時代の不動産ニューノーマル 第21回

管理・仲介業|2022年11月01日

  • twitter

 電子契約導入時「管理会社の課題」の締めくくりとしては、管理会社ごと独自の契約書フォーマットや業務フローなどに柔軟に対応できる、不動産業務に適した電子契約サービスを選択し、導入時の負担を下げることが重要だとお伝えしたい。

 さて、実際にサービスが活用されるかどうかは、家主と仲介会社の理解が重要だ。今回は「仲介会社の課題」に焦点を当てる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『管理会社の電子契約運用 テンプレート機能でミス防止』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ