不動産テック協会、不動産への共通ID付与を開始

不動産テック協会

商品・サービス|2020年09月05日

  • twitter

 不動産テック協会(東京都港区)は、地図や位置情報を活用したサービスを展開するGeolonia(ジオロニア・同千代田区)と共同で、国内の土地や建物といった不動産へ共通IDを付与し、オープンデータとして公開する取り組みを開始したことを7月31日に明らかにした。不動産に関連する企業同士が情報連携しやすい環境を整えることで、業界全体の生産性向上を目指す。

オープンデータ化目指す

 現在は、「住所」や「物件名」などで不動産を特定しているので、漢数字と算用数字、カタカナとアルファベット、古い物件名と新しい物件名など、表記ゆれが頻繁に発生しやすい状況になっている。そのため、異なる企業間で不動産情報のやり取りを行う際には、表記の相違が見つかるたびに人の手で修正していくという業務が発生する。加えて不動産情報はオープンデータではなく各企業が個別に保有する情報であるため、マーケティングを行ったり、不動産の売買や管理のためのシステム開発したりする際には、必要な物件情報を独自に収集することから始めなければならないというケースが多い。これが不動産業界の生産性向上を妨げる要因となっている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. 2020 人気設備ランキング発表

  4. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ