賃貸仲介事業で広がるLGBT支援

市況|2019年09月16日

  • twitter

3年前からLGBTに取り組む三好不動産三好修社長

対応可能な仲介店が全国で増加

賃貸仲介事業においてLGBT(性的マイノリティ)のサポートを積極的に行う不動産会社が増えている。三好不動産(福岡市)、ブルーボックス(愛知県稲沢市)、リネシス(秋田市)、レンタルパーク(大阪市)に加え、良和ハウス(広島市)やタカラレンタックスグループ(大阪市)も取り組みを始めた。大手ポータルサイトのデータでも部屋探しにおいてLGBTのニーズが高まっていることが分かった。

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャルや性同一性障害のトランスジェンダーなど性的少数者の総称。部屋探しの際に、好奇の目で見られたり、身分証を提示することに抵抗があったり、家族や職場に周知していないために保証人がいなかったりするため、契約に至るまで多くのハードルがある。特に男性2人の場合は反社会的な人物と勘違いされることも少なくないようだ。一人暮らしと偽り契約した部屋にパートナーが無断で同居した場合、火災発生時に保険が適用されなかったり、居住の届け出がないことから住んでいることに気づかれず救助されないリスクも考えられる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ