賃貸仲介事業で広がるLGBT支援

データ|2019年09月16日

  • twitter

3年前からLGBTに取り組む三好不動産三好修社長

対応可能な仲介店が全国で増加

賃貸仲介事業においてLGBT(性的マイノリティ)のサポートを積極的に行う不動産会社が増えている。三好不動産(福岡市)、ブルーボックス(愛知県稲沢市)、リネシス(秋田市)、レンタルパーク(大阪市)に加え、良和ハウス(広島市)やタカラレンタックスグループ(大阪市)も取り組みを始めた。大手ポータルサイトのデータでも部屋探しにおいてLGBTのニーズが高まっていることが分かった。

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャルや性同一性障害のトランスジェンダーなど性的少数者の総称。部屋探しの際に、好奇の目で見られたり、身分証を提示することに抵抗があったり、家族や職場に周知していないために保証人がいなかったりするため、契約に至るまで多くのハードルがある。特に男性2人の場合は反社会的な人物と勘違いされることも少なくないようだ。一人暮らしと偽り契約した部屋にパートナーが無断で同居した場合、火災発生時に保険が適用されなかったり、居住の届け出がないことから住んでいることに気づかれず救助されないリスクも考えられる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ