MARKS、事故物件買い取り再販、商圏拡大

MARKS(マークス)

ニュース|2022年04月07日

  • twitter

 MARKS(マークス:神奈川県横浜市)は、孤独死や自殺などが発生した「事故物件」の買い取り・再販を行う「成仏不動産」事業の拠点として3月に関西・九州エリアでそれぞれ支店を開設。関西は大阪市北区、九州は福岡市中央区でともに3月1日より営業を開始した。

関西・九州に支店開設

 同社はこれまで本社を構える神奈川県のほか、東京・埼玉などの関東エリアを中心に、事故物件に特化した中古買い取り再販事業の成仏不動産を展開してきた。特徴は、事故物件と呼ばれてきた不動産を同社で買い取り、特殊清掃・遺品整理や供養を行った後に、リフォームし投資家に販売する点だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『どう稼ぐ?事故物件、風呂なしを取扱うニッチ不動産特集』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ