共用部の電気代を削減

トライアス

商品・サービス|2018年04月12日

  • twitter

平均10%の削減実績

不動産管理やビルメンテナンスを行うトライアス(大阪市)は1日から、ビルやマンションの共用部の電気代を削減するサービス『管理組合・大家さんのためのトライアス電気』の提供を開始した。

同サービスは、同社が2017年6月から取次店となっている新電力事業者のエフビットコミュニケーション(京都市)の料金プランを適用し、共用部分の電気料金を削減するもの。電力小売り自由化で従来より低料金のプランを提供する新電力を使い、共用部にエレベーターがある賃貸マンションでは、従来の電力会社との契約時と比べて平均約10%の電気料金削減実績があるという。

空き家数の増加や、空室対策としての家賃や初期費用の値下げなどで、低下傾向にある賃貸物件の収益性の改善につながる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    4. 西成で起こる不動産バブル

    5. 国土交通省、老朽化マンションの再生支援

      国土交通省

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ