築古物件に最新機器導入

東急不動産ホールディングス,東急ホームズ

リフォーム・リノベ|2018年08月22日

  • twitter

住環境整え入居促進

東急不動産ホールディングス(東京都港区)と東急ホームズ(東京都世田谷区)は、首都圏の木造賃貸物件を対象として『賃貸アパート応援プロジェクト』を25日より開始。内装や水回り設備の一新に加え、最新IoT機器を導入することで、物件価値の向上を図るのが狙い。

都内では賃貸物件の空室が目立っており、物件の老朽化と所有者の高齢化により、空室対策が進んでいないのが現状だ。同事業は首都圏の老朽化した木造賃貸アパートを対象に最新設備に改修する。その際、オーナーの費用を軽減する無担保ローンと一括借り上げをセットで提案。低リスクによる物件改修で、賃料収入アップを見込んでいる。対象物件は同社が管理する物件に限定せず、新規での相談も受け付けている。

周辺地域のニーズや物件の状態に合わせた改修提案を行う。間取りやデザインに配慮し耐震補強にも対応する。さらにIoT機器も取り入れ住環境を整える。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ