違法建築問題で初の損害賠償請求

レオパレス21

法律・制度|2018年08月29日

  • twitter

岐阜市のオーナーがレオパレスを提訴

▲訴訟の対象となった賃貸アパー ト

レオパレス21(東京都中野区)が過去に販売したアパートの違法建築問題で22日、岐阜市の男性オーナー(55)が2005万8539円の損害賠償を求める訴えを岐阜地方裁判所に申し立てた。レオパレス側が提示している修繕工事の内容では不十分とし、被害者の会側で必要とする調査・補修費用などの支払いを求める。同日岐阜市内で会見したレオパレス違法建築被害者の会の前田和彦会長によると、同問題での損害賠償請求は初めて。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ