不動産情報ポータルサイトの実態調査

不動産情報サイト事業者連絡協議会

市況|2018年11月07日

  • twitter

写真の多さがポイント

不動産情報サイト事業者連絡協議会(以下、RSC‥東京都千代田区)は、『不動産情報サイト利用者意識に関する調査』の結果を10月24日に発表した。

賃貸の結果として、不動産会社を選ぶ際のポイントは「写真の点数が多い」が79.9%で最も高い。
しかし、「写真の見栄えがよい」は23.7%と、質より量を重視していることが分かる。

また、物件を探す際、動画を閲覧するのは「気に入った物件のみ」が59.5%、「全ての物件の動画を見た」が11.6%。12.1%が動画を見ただけで契約できると回答したのが特徴的だ。賃貸の物件情報をスマートフォンで検索した人の割合は92%と、前年の75.2%から大幅に上昇。
10~60代以上の全ての年代において、スマートフォンの利用率は60%を超えている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    2. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYO LIFE(オヨライフ)

    3. 「対応が難しい管理トラブル」とは?

      国土交通省

    4. 『マイナビ賃貸』撤退 社宅の転貸を柱に

      マイナビ

    5. 管理会社のRPA導入事例

      NTT東日本

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ