「意図を持って組織的に」 レオパレス施工不備に元社長指示の疑い

レオパレス21

事件|2019年03月25日

  • twitter

外部調査委員会の中間報告公表

施工不備が見つかったレオパレスのアパート

建築したアパートに施工不備が見つかったレオパレス21(東京都中野区)は18日、外部調査委員会の中間報告を開示した。
中間報告では一連の施工不備に関して、意図を持って組織的に行われていた疑いがあるとした。
当時社長だった深山祐助氏の直轄部署だった商品開発部門が、法令や品質を軽視していたと指摘した。

レオパレスは2018年4、5月に185棟で、19年2月に1324棟で施工不備が発覚したと公表したが、組織的な関与の可能性が調査委員会の報告で明らかになった。
施工不備の内容は大きく4つある。

(1)小屋裏または天井裏において界壁を施工していないなどの「小屋裏等界壁問題」。
(2)界壁の内部充填材に設計図書に記載されたグラスウールまたはロックウールではなく、発泡ウレタンを使用していた「界壁発泡ウレタン問題」。
(3)外壁が設計図書に記載された国土交通大臣認定の仕様に適合していなかった「外壁仕様問題」。
(4)天井部の施工仕上げが設計図書に記載された国土交通省告示の仕様に適合していなかった「天井部問題」。

2月27日に設置された外部調査員会では、25人の関係者に計31回のヒアリングを実施し、関係資料の精査を行った。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  4. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  5. 過去の教訓から学ぶ「サブリース」の注意点【トレンド企画・法規制で変わるサブリース2】

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ