行政主導で空き家支援

市況|2019年07月05日

  • twitter

プラットフォームをきっかけに入居者が付いた物件

1年間で9件が流通

 生駒市は、2018年5月に設立した『いこま空き家流通促進プラットホーム』において、36件の空き家所有者を支援している。うち9件で売却または賃貸借契約が成立した。

 生駒市と協定を結んだ不動産関連団体の宅建士、建築士、空き家コンシェルジュ、などによって構成される同プラットホームでは、月に1回会議を開催。流通に向けた支援策と必要な業種を検討している。選定された事業者が所有者に直接連絡して支援を実施し、流通しづらい物件を優先して対応していくのが特徴だ。

 取り扱った物件は相談先がわからないなどの理由で、平均して13年と長期間空き屋化していた。専門家が積極的に働きかけたことで7件売却と2件の賃貸が成立。

  • 検索
  • 家主ナビ スマート物確
    賃貸住宅フェア2020
    家主向け勉強会「家主の疑問を解消する」知識武装スクール

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 入居率低迷「サブリース不安」広がる

      レオパレス21

    2. 賃料相場マップ完成

      長谷工ライブネット

    3. "老朽化時代"にどう備えるか

    4. 「値上げの影響、限定的」

      LIFULL(ライフル)

    5. リノベ事業を全国展開

      YKK AP(ワイケーケーエーピー)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    賃貸住宅フェア2019in名古屋
    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ