集合住宅向けインターネット新サービス開発

ギガプライズ

商品・サービス|2019年10月10日

  • twitter

左からNECネッツエスアイ牛島社長、ギガプライズ梁瀬社長、Broadcom原島プロダクトラインマネージャー

 集合住宅向けISP事業のギガプライズ(東京都渋谷区)は9月26日、新サービス発表会を行い、NECネッツエスアイ(東京都文京区)、Broadcom Inc.(ブロードコム‥米国カリフォルニア州)と連携し、既存物件に対してインターネット接続が可能となる集合住宅向けISPサービス『SPES(Single―Pair Ethernet Service略称、エスピーイーズ)』を共同開発したと発表した。

既存の電話回線を使用し屋内工事不要で導入可

 『SPES』は、新たな屋内工事不要でインターネット利用が開始できるサービス。既存の電話回線に接続する宅内装置からWi‐Fi環境が提供可能となる。宅内装置は梱包(こんぽう)状態で郵便受けに投函(とうかん)可能なサイズとなっているため、入居者との工事日程調整は不要。共用部に設置されるセンター装置から宅内装置へ電源供給が可能なため、ACアダプターなどによる外部電源供給も不要となる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    2. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYOLIFE(オヨライフ)

    3. 「アクセル全開で物件を仕入れてきた」、1年を振り返る

      OYO LIFE(オヨライフ)

    4. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    5. 原状回復費用を定額保証

      アーバンクリエイツ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ