賃貸マンション開発強化

大成有楽不動産

投資|2019年11月28日

  • twitter

2018年4月に竣工した『テラス都立大学』

 ビルやホテル、学生向けマンションの開発、マンション分譲など多角的な事業展開をする大成有楽不動産(東京都中央区)では、賃貸マンション『テラス』シリーズに注力し、現在4棟が着工している。

大成有楽不動産、1棟売却も

 首都圏では事業用地取得競争が激化しており、同社では2014年に事業の枠を超えて多角的な事業を検討して用地取得を行う『投資開発室(現・投資開発本部)』を新設。事業展開の一つとして『テラス』シリーズを推進し、14年の第1号物件以降、これまでに計6物件171戸が竣工した。竣工物件については自社で保有・管理する一方、市場ニーズに応じてREITやファンドの投資家へ1棟売却も行う。現在6棟のうち『テラス阿佐ヶ谷』『テラス都立大学』の2棟を保有、『上石神井テラス』『テラス鵜の木』『テラス王子』『テラス祐天寺』の4棟について売却済みだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ