賃貸不動産会社のための資金繰り対策

法律・制度|2020年05月20日

  • twitter

 新型コロナウイルスの影響は、完全に収束するまで1年~数年かかるといわれている。一般的に、事業継続には3カ月分の人件費+固定費の備えが必要だ。経済産業省が中小企業の資金繰りに対してさまざまな施策を打ち出している。積極的な利用を考えたい。

持続化給付金、無利子無担保融資などさまざま

 ひと月の売上高が前年同月比で50%以上減少していれば「持続化給付金」が申請できる。2019年の年間売上高から、20年のいずれかの月の売上高×12カ月を引いた額が給付額となる。計算の元になるひと月の売上高は、前年より50%減収となっていれば、どの月でも任意に選べる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ