賃貸管理業法ついに成立

法律・制度|2020年06月29日

  • twitter

記者会見で喜びを語った日管協 末永会長(写真中央)

 「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(以下、新法)」が12日、成立した。新たな法律により、賃貸住宅管理会社が負う責任は大きくなる。業界団体の声や、新法の概要、法制化までの軌跡を紹介する。

サブリース業者への規制導入

世に問われる管理会社の責務

 新法の成立により、賃貸住宅管理会社(以下、賃貸管理会社)が負う責務は重くなる。新法では、規制や罰則が定められ、サブリースも含めた賃貸管理業が適切に行われているか、国の監視の目が厳しくなるからだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  2. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. SNS広告、投稿の落とし穴

    公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会, ことぶき法律事務所

  5. 【トップインタビュー】サービス付き高齢者向け住宅を24棟746戸運営

    T.S.I(ティー・エス・アイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ