管理手数料〝定額化〟進む

シエルトパートナー, セレントライフ, ウチヤマ建物管理

ニュース|2020年08月25日

  • twitter

 賃貸管理手数料を定額料金に切り替える管理会社が増えてきている。通常、家賃の3~5%かかる管理手数料を「1戸1000円」などと一律にし、割安さとわかりやすさを家主に訴求し、管理戸数を増やす上で他社と差別化する狙いがある。割安にした分の減収を補うなどの課題が残るものの、それを上回るメリットを感じる企業は意外に多い。仕組みと効果を聞いた。

「1戸1000円」で割安さを提示

 通常、賃貸管理手数料は、家賃1カ月分に3~5%を掛け算した金額を手数料収入とする。しかし小規模な管理会社の間で、1戸あたりの手数料を一律1000円などと定額化する例が増えてきている。大抵の場合、全体の手数料収入が落ち込むことになるが、料金の割安さとわかりやすさがプラスに働き、管理戸数獲得に役立つという声が聞こえてくる。実際に導入している3社に話を聞くと肯定的な声は多い。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ