GA technologies 売買のIT重説242件

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ), 国土交通省

ニュース|2020年10月05日

  • twitter

 不動産の売買契約時に重要事項説明を非対面で行う、いわゆる「IT重説」の社会実験開始から丸1年が経った。実施結果は年内をめどに開示されるが、参加765社の一社、GA technologies(ジーエーテクノロジーズ:以下GA:東京都港区)の実施数が242件と年間成約件数の約1割に相当することがわかった。いずれも投資用物件。感染症予防や移動負担軽減を理由とする利用が多く、利便性の高さを実感した購入者が多数派だった。一方で使い勝手に関しては一部で課題も見られた。

すべて投資用、「感染予防」「移動軽減」に需要

 今回のIT重説実験は、個人を含む売買取引を対象に2019年10月に開始したもの。法人間の売買取引を対象に15年に始めた社会実験では、実施例がほとんどなく十分なサンプルを得られなかった。その意味で今回の実験で一定の成果が出たことは、売買領域のデジタル化を進める上で大きな一歩になる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. 【その2】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    遠州鉄道, アメニティーハウス, 福住

  5. 【その3】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    ネクステップ, 寺村不動産, タキナミネクスト

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ