【トップ取材】バリューアップ、コロナ禍で加速した自動車の利用需要

バリューアップ

企業|2020年10月16日

  • twitter

バリューアップ 神奈川県横浜市 『24レンタCAR』 堤正人社長(58)

 「レンタカー事業は不況のときに強い」。こう話すのは、24時間稼働可能の無人レンタカーフランチャイズ(以下、FC)を展開するバリューアップの堤正人社長。同社は2018年よりFC展開を開始し、現在は直営2店舗・FC10店舗を運営している。ウィズコロナ時代の成長のカギを握るのは、地主の土地活用を通じた店舗拡大だと堤社長は話す。

地域密着型の「非対面」「24時間稼働」がニーズをつかむ

―新型コロナウイルスによって、レンタカー業界を取り巻く環境も大きく変わったと思いますが、いかがでしょうか。

  大きく二つの事象が出てきています。一つはウイルス感染を避けるために、公共交通機関ではなく自動車を利用する人が増えたということ。これはレンタカー業界にとってはプラスの影響になります。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ