【トップ取材】バリューアップ、コロナ禍で加速した自動車の利用需要

バリューアップ

企業|2020年10月16日

  • twitter

バリューアップ 神奈川県横浜市 『24レンタCAR』 堤正人社長(58)

 「レンタカー事業は不況のときに強い」。こう話すのは、24時間稼働可能の無人レンタカーフランチャイズ(以下、FC)を展開するバリューアップの堤正人社長。同社は2018年よりFC展開を開始し、現在は直営2店舗・FC10店舗を運営している。ウィズコロナ時代の成長のカギを握るのは、地主の土地活用を通じた店舗拡大だと堤社長は話す。

地域密着型の「非対面」「24時間稼働」がニーズをつかむ

―新型コロナウイルスによって、レンタカー業界を取り巻く環境も大きく変わったと思いますが、いかがでしょうか。

  大きく二つの事象が出てきています。一つはウイルス感染を避けるために、公共交通機関ではなく自動車を利用する人が増えたということ。これはレンタカー業界にとってはプラスの影響になります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  3. 日本賃貸住宅管理協会、日管協フォーラム2021開催

    日本賃貸住宅管理協会

  4. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  5. 接客のマニュアル化と巡回ポイント

    【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.114

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ