【トップ取材】日管協・塩見会長に聞く――協会が目指す方向性は?

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

その他|2020年10月20日

  • twitter

日本賃貸住宅管理協会 塩見紀昭 会長(61)。1987年に明和住販流通センターを設立。2015年からは日本賃貸住宅管理協会の副会長を務めていた。

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)は9月17日、新会長に明和住販流通センター(東京都世田谷区)の塩見紀昭社長が就任したことを発表した。同協会には賃貸管理会社を中心に1668社が入会。会員の総管理受託戸数は約830万戸にのぼる。新たな体制下でどのような役割を果たしていくのか、同協会の目指す方向性を塩見新会長に聞いた。

業務と管理費の適正モデル提示目指す

コロナ禍を通じて管理業への注目高まる

―賃貸管理業界の状況をどう見ていますか。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ