プロパティエージェント、コストカットのDX、常に追求

プロパティエージェント

その他|2021年03月02日

  • twitter

 当社が1月より配信しているオンライン番組『賃貸トレンドニュース』。1月14日に開催した番組で、プロパティエージェント(東京都新宿区)の中西聖社長が登壇した。同社が推進しているDXの現状と今後の体制を語った。

―緊急事態宣言を受けて準備したことはあるか

 4月にリモートワークに完全移行し、出社の比率を60%に引き下げた。DXを推進する過程でオフィスを削った。

―DXと事業、業績、今後の関連性について

 スルガ銀行の問題は記憶に新しいと思うが、あのあたりで他のアパート業者の問題やいろいろな問題があったが、6年か7年ほどずっと好調できていた。さすがに新型コロナウイルスは予測していなかった。しかし、銀行の不動産ポートフォリオも大きくなっていたので、金融的な問題は来るかもしれないと思い、会社としては「足踏みダイエット」をする方針を決定をした。つまり、売り上げを無理をして伸ばさない。さらにコストをダイエットするという意味。自分たちから成長曲線の節目をつくる考え方。BSのダイエットのコストカットだったが、コストのカットに必要なのがDXだった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ