日建不動産、モクチン企画と提携し建物再生サービスを展開

日建不動産

商品|2021年06月21日

  • twitter

空き家となった実家の前で売主家族の写真を撮映

 『ピタットハウス』上越店として営業する日建不動産(新潟県上越市)は、リノベーションアイデア集『モクチンレシピ』を提供するNPO法人モクチン企画(東京都大田区)と建物再生の新しいサービス『縁 en(エン)』を4月からスタートした。

空き家を買い取り賃貸へ転用

 同サービスでは「人と人、人と不動産をつなぐ」をコンセプトに、主に若いファミリーで、家を建てるにはまだ早いが、アパートではのびのび暮らせないという人向けに空き家となった実家を貸家としてつなぐというもの。基本的には、一定の調査の上、日建不動産が空き家を買い取る。修繕が必要な場合には、新築のように刷新するのではなく、なるべく既存の住宅のたたずまいを生かして、家の物語がさらにつながるように改修プランを工夫する。

 日建不動産が引き継ぐ空き家の様子は、改修前後の写真を基にフォトブックを作成し、売主にプレゼントする。それにより、思い出が詰まった家を記録として残す。

 同社は、2020年にモクチン企画とパートナーズ契約を結び、主に新潟県上越市にて不動産の売買・賃貸・管理業を軸に、年々増加する空き家向けの再生サービスを準備してきた。これまで戸建て2棟、アパート1棟を手掛けた。

 「元々、生まれ育ったいわゆる〝実家〟が空き家となってしまった人がいる中で、私たちは、その思いを大切に、実家をきちんと整えて、次の住み手へつなぎたい」と日建不動産の横尾元樹社長は話す。

 今回のサービス開始により、築古物件のイメージアップと空き家再生事業の推進、地域の不動産価値の向上に寄与していきたいと考えている。

日建不動産 横尾元樹社長の写真

日建不動産
新潟県上越市
横尾元樹社長(42)

 

(6月21日19面に掲載)

おすすめ記事▶『はねとくも、駅徒歩15分で人気のアトリエ付住宅』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ